職種紹介 システム開発部

職種紹介 システム開発部

お客様が業務を支障なく運用していく上で、必要となるアットリンクの追加機能(カスタマイズ)を、設計/開発しております。
大きな仕様については営業のものがお客様と協議して調整していくのですが、細かい部分については私がお客様と連絡を取り合って調整を進めています。

「意欲」を持つことは素晴らしい
システム開発 シニアスタッフ 住吉 哲斉 (2016年入社)

オフショアへの志望動機
自社製品をつくり、それを展開成長させていくこと

自社製品をつくっており、それを展開成長させていっていることが大変魅力的に感じ、ぜひ自分もそこに加わりたいと思いました。
この会社の規模は小さいながらも、業界で高いシェアを得られる製品/保守サポートを提供しているため、その運用体制から学べる点は自分の成長につながると感じたのも大きな理由です。

入社してよかったこと
経験豊富な先輩が多いので、毎日学べる部分が多い

最初は小さな改善、修正などで実際のサービス・製品の理解を深めることができたので、どういったシステムなのか理解して以降の作業に取り組めるようになりました。開発者の人数もそれほど多くないので、逆に早い段階で1つのモジュール開発・1つのプロジェクトに大きくかかわれることも大きな魅力です。

経験豊富な先輩が多いので、毎日学べる部分が多いこともその一つです。
自社製品の開発/保守をする上で幅広い技術的知識(プログラム、インフラ、ネットワーク)を得られることはもちろんですが、自分がやっているんだという意識をもった仕事の進め方やお客様とのコミュニケーションの取り方などに関するアドバイスももらえることも自分の重要な財産になっていると思います。
本当に良い上司に恵まれているなと思います(笑)

住吉 哲斉
住吉 哲斉

日頃仕事で苦労されていること、難しさを感じるのは?
支障なく日常業務を行っていただける設計・調整

お客様や連携先システムの提供会社とのスケジュール調整や認識のすり合わせが難しいですね。
システムの設計者としてプログラムに詳しくないお客様にどう分かりやすく説明して解決策を提示するか苦労します。
なにより最終的にお客様の業務のひとつに組み込まれるものなので、支障なく日常業務を行っていただけるよう運用まで鑑みた上で、不具合や不便を防ぐために考慮すべきケースを洗い出し、設計・調整を行うよう気を使っています。

最も達成感を感じる瞬間、やりがいを感じる瞬間は?
今までの取り組みが報われた瞬間

開発したシステムが問題なくリリースできたときです。
現地サポートしている営業担当から安定稼働の報告を聞くと、ホッとすると同時に今までの取り組みが報われた感じがします。
顧客視線に立つ姿勢で開発に取り組んでいますが、あとあとお客様から「ありがとうございます」「助かりました」と実際に言っていただけることもあり、その時は「お客様の需用をみたせたのだな」「現場の問題を解決できたな」と、やはりうれしくなりますね!!

住吉 哲斉

仕事に取り組むにあたって心がけていること
自分で決めた業務上の「区切り」を守る

毎日、思い残しがある状態で業務を終えないように心掛けています。
具体的には、自分で決めた業務上の「区切り」をつけてその日の作業を終えるようにしています。また、業務中に出た問題や小さな懸念点についても、上司やチーム内に共有し自分だけで抱えこまないようにしています。
その他スケジュールの調整や連絡など、お客様に迷惑をかけないようにするため、自主的に動いて確認するようにしています。

住吉 哲斉

入社して、いちばん印象に残っているエピソード
物事の上手な進め方というものを実感

すごく勉強になったという意味では、ついこの前まで携わっていた初めて担当したSI案件ですね。
仕様調整から設計、開発を一から自分が主担当となって行いました。
最初は自分一人でやり遂げなければと意地になってあれもこれもとしょい込んで進めていたんですがうまくいかず、周囲の方に相談するようになってから徐々に開発がスムーズにいくようになり、
スケジュールなどの段取り調整の部分でも、関係者間で認識がすれ違うこと無く最終的に不具合なくリリースまでつなげられました。
自分が今までやってきた仕事の仕方と違う物事の上手な進め方というものを実感し、学ぶことができてとても印象に残っています。

今後どういったことに取り組みたい?
一から作った全く新しい製品づくりを

現在は既存のシステムの改修・アップデート・機能追加といった実務がほとんどですが、いずれ一から作った全く新しい製品づくりに携わりたいと思っています。
それがたくさんの人に使ってもらえるとしたらうれしいですね。
いまはまだ知識も少ないので、そういった新しいアイデアに関することも勉強中です。「これが欲しかった!」と思われるような製品やサービスを開発/成長させられるようになりたいです。

オフショアを志望される方へ
様々な新しい刺激を受けることができるのが魅力!

オフショアのシステム開発は狭い範囲の知識ではなく幅広い知識が必要なので、様々な新しい刺激を受けることができるのが魅力です。
営業部、システム部関係なく社員間の距離が近いので、コミュニケーションが取りやすい職場です。
ご縁があれば、是非一緒に楽しく仕事しましよう!